ベルリッツの思い出

ビジネス英会話のベルリッツ

20代の半ば、週2回は町田のベルリッツに通っていました。バブルの前の1980年代。 Doing Business in Englishが教材でした。

多くの多国籍企業が、日本をアジアを戦略拠点と位置づけていた時代です。「24時間戦えますか?」というCMがあったほどで、過労死が問題だった頃でした。

会社が教育費を払ってくれましたから、結果を出すのは必至でした。つまり、TOEICのスコアに裏付けされた英会話力。

Yes, No, Key, Orと呼ばれるベルリッツ・メソッドで頭とお口の訓練です。

例えば、I’m an engineer. というセンテンスが与えられたら、

Are you an engineer?

Are you a teacher?

What do you do?

Are you an engineer or a teacher?

この4つの疑問文が頭にすぐに浮かんで、口から出るように訓練します。

相手から”Yes!”を取りたいのか、それとも”No.”と言わせたいのか、根掘り葉掘り聞きたいのか、それとも選択を迫るのか。

まだ若かったので、この訓練の背後にあるロジックなど全く考えられませんでした。

 

英会話学校で教えてくれるのはHowですが、ビジネスに必要なのは、むしろWhy?と自らに問いかける力だったような気がします。

(2011年11月1日にiWebで作ったページより)

カテゴリーiweb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です