オフィスソフト今昔

頭上で撒き撒きの秋です。

目尻や目頭にガラスの粉のようなモノが溜まって、目を開けるのが辛いです。 擦ると周囲の皮膚に刺さって痛い。

昭和な私はiPhoneを見るのが辛いし、MacBookを開くのも億劫です。

そんな中、ソースネクストさんからオフィスソフト「Thinkfree Office NEO 7」シリーズ発売のお知らせメールが届きました。

「Microsoft Office 2019と高い互換性のあるオフィスソフトを期間限定で割引中。」

昭和な私は溜息です。

マイクロソフトのオフィスソフトを使う人は残っていますが、ロータスを使う人は、もういないと思います。

クラリスワークスやApple Worksを使う人も、もういないでしょう。 iWorksは無料となりました。

それでも普段はNumbersぐらいしか使いません。

以下は、オフィスソフトThinkfree Office NEO 7 のご紹介です。 興味のある方のみご覧ください。 アフィリエイトリンクを含みます。

“オフィスソフト今昔” の続きを読む

コーレルだってフェイク中

昭和な私は、コーレルと言うとワードパーフェクトを思い出してしまいます。

DOSのアプリでマイクロソフトに狙い撃ちされたのは、何もワードパーフェクトに限りません。

ワードパーフェクトはコーレルの製品として残ったんですよね。

時は流れ、MS-DOSは裏に隠れ、表はWindowsになりました。 これとて、当時はりんご潰しでした。

あのあざとさは、令和となった今も健在です。
AIが身近になったお陰で、勢いを増して伝染中。

以下はソースネクストさんから届いたメールの抜粋です。 アフィリエイトリンクを含みます。

“コーレルだってフェイク中” の続きを読む

令和3年の四次元ポケット

雨の金曜日です。

ソースネクストさんからメールが届きました。

期間限定、台数限定のポケートークのお知らせです。

ポケトークS ドラえもんEdition アウトレット のアフィリエイトリンクを含みます。

ポケトークWは持っていますが、使いこなせない状態です。 風の時代の情報伝達方法は、昭和な私の頭を超えます。 何はともあれ、以下は抜粋です。

“令和3年の四次元ポケット” の続きを読む

令和3年東京五輪ピック

以下はソースネクストの東京 2020 オリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S) アフィリエイトです。

8月25日より東京2020 公式ライセンス商品/AI通訳機「ポケトークS」の特価販売がスタート。

■ AI通訳機「ポケトークS」 東京2020 公式ライセンス商品/限定700台

 割引販売期間 : 9月5日(日)まで
 割引販売価格 : 24,800円 (通常販売価格 36,080円 割引率 31%)
 ポイント : 2,480pt(10倍)
 
 
 ラインナップ : 東京 2020 オリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S)
         東京 2020 パラリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S)
 セット内容 : 通訳機 / ストラップ / 専用ケース(クリア) / USB充電器 / ケーブル / マニュアル
 
 < 東京2020公式ライセンス商品「ポケトークS」 >
 東京2020 大会エンブレムをあしらった東京2020公式ライセンス商品です。
 「世界中の方々と言語でつながれるように」、という思いから生まれました。
 
 < ポケトークSとは >
 互いに相手の国の言葉を話せなくても対話できる、夢のAI通訳機。
 ボタンを押しながら話すだけで、簡単に翻訳ができます。
 英語や中国語はもちろん、フランス語やドイツ語などさまざまな言語に対応しています。
 
 < 特徴 >
 ・ カメラ翻訳 : 撮影した言語を自動認識して翻訳(55言語に対応)
 ・ 会話レッスン(英語、中国語) : 旅行関連の全36レッスンの会話を、AI相手に練習できる
 ・ 名刺サイズの本体で、画面は従来品より大きな2.8インチに
 ・ 通貨(約160種類)や長さなどを現地の単位に自動設定して、簡単換算

東京 2020 オリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S) とパラリンピックエンブレム通訳機能違いは、ポケトークのサイトでご確認ください。

私が持っているのは古いタイプのWです。 ソフトウェアのアップデーは進んでいますが、使っている暇がありません。 皆様もどうぞご自愛ください。