令和3年の変な五輪

昨日の空です。

我が頭上にはサンドッグ。

私的には、お日様も輪っかも一つで十分です。

あと一年延期したかった安倍さん、開会式には出ないそうです。

開会式に1人で臨むナルちゃんとは同い年なのですが、昭和な私の頭では、理解できないことが多すぎる令和です。 今上陛下のご苦労の程が偲ばれます。

さて、ソースネクストのアフィリエイト担当者からメールが届きました。 8月8日まで東京 2020 オリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S) の特価販売並びにアフィリエイトの報酬アップをするので、ご紹介くださいというお願いメールです。

末広がりの八が二つ。

思わずため息が出てしまいました。

五輪関連の公式ライセンス商品、売れてないという噂を聞いていますが、何とも悩ましい令和3年夏の五輪です。

以下はメールの抜粋です。

■ AI通訳機「ポケトークS」/東京2020 公式ライセンス商品

 ・ 販売期間 : 8月8日(日)まで
 ・ 販売価格 : 24,800円 (通常販売価格 36,080円 割引率 31%)
 ・ ラインナップ :東京 2020 オリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S)
           東京 2020 パラリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S)
 ・ セット内容 : 通訳機 / ストラップ / 専用ケース(クリア) / USB充電器 / ケーブル / マニュアル
 
 < 東京2020公式ライセンス商品「ポケトークS」 >
 東京2020 大会エンブレムをあしらった東京2020公式ライセンス商品です。
 「世界中の方々と言語でつながれるように」、という思いから生まれました。
 
 < ポケトークSとは >
 互いに相手の国の言葉を話せなくても対話できる、夢のAI通訳機。
 ボタンを押しながら話すだけで、簡単に翻訳ができます。
 英語や中国語はもちろん、フランス語やドイツ語などさまざまな言語に対応しています。
 
 < 特徴 >
 ・ カメラ翻訳 : 撮影した言語を自動認識して翻訳(55言語に対応)
 ・ 会話レッスン(英語、中国語) : 旅行関連の全36レッスンの会話を、AI相手に練習できる
 ・ 名刺サイズの本体で、画面は従来品より大きな2.8インチに
 ・ 通貨(約160種類)や長さなどを現地の単位に自動設定して、簡単換算
 

東京 2020 オリンピックエンブレム 通訳機(ポケトーク S) はTOKYO 2020なんですよね。

無観客試合ですから、基本的にボランティアスタッフの出番は無いのでしょう。

2022年に延期されていたら、売るのはもっと大変だったでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です