d tabとYoutubeとGoogle Play開発者サービス

勝手に再起動を繰り返すd tabに悩まされた夏でした。

ググって調べました。 不要なアプリの削除や更新のアンインストールが有効だと分かりました。 削除しまくって問題は一応解決したと思っていました。

YouTube requires Google Play Service
YouTube requires Google Play Service

が、欲を出してYouTubeを使おうと思ったら問題発覚。

「YouTubeの実行にはGoogle Play開発者サービスの更新が必要です。」

日本語は理解できましたが、そももそGoogle Play開発者サービスとは何ぞや?

私は別に開発者じゃないから不必要に思えたのですが、ググってみたらそうではない。

Gooogle Play開発者サービスの英語名はGoogle Play Service。

アプリにAPIを提供していて、Google Play経由でアンドロイドとは別に自動更新される。

YouTubeも含めてクラウド上にあるグーグルのサービスを私のd tab上のアプリで動かそうと思ったら、Google Play開発者サービスが必要。

断捨離の秋ですが、いくら捨てようとしても捨てられない物は残ります。

誰かが文句を言ってきます。

YouTubeは日本語で文句を言いました。

「YouTubeの実行にはGoogle Play開発者サービスの更新が必要です。」

私の頭でも理解できる日本語でした。

早速、Google Playから更新をしました。

Google Play Service
Google Play Service

YouTubeが動くようになりました。

良かった!

d ビデオを申し込むと1万円を切るお値段でゲット出来た古いタイプのWi-Fi専用のd tabです。 本体のSDはたった1GBしかありません。 dビデオはd TVになりましたが、観たい映画をまとめてダウンロードして後で視聴する環境ではないので、d TVは使っていません。 右側のサイドバーは目障りだったので消しました。 ググったらランチャーを変えれば出来ると分かったので、助かりました。 らじるらじるとYouTubeが使えるので満足しています。

過去記事内の見えない画像は、あと810個です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です