地デジチューナーRの返却

2年前の10月に天神ベストのソフトバンクモバイルで64 GBのiPhone 5から126GBのiPhone 6 Plusに機種変しました。 ソフトバンクモバイルがiPhone 5を高額で買い取ってくれたので、2年を待たずに機種変できました。

あれから2年、この10月はiOS 10.0.2にアップデートしました。 多少使い勝手は異なりますが、今のところは問題なく動いています。 256GBのiPhone 7 Plusに機種変する予定はありません。

ハードを買い換える時代じゃなくなったと思います。

変わったのはデータ通信量と送受信方法です

ソフトバンクモバイルはこれまでは5GBで5000円のデータ通信プランでした。 日記もブログもiPhone 6 Plusで撮った写真をアプリに送って投稿するので、出先で投稿する機会が増えると軽く5GB を越えてしまいます。 月の後半は低速モードで凌ぐ日が続きました。 10月21日からは20GBで6000円のギガモンスターです。 Wi-Fiに頼らない送受信方法の選択でした。

9月が更新月でしたが、その直前にYahoo! BB 光withフレッツからソフトバンク光に変えました。 ソフトバンクモバイルの料金がお安くなるというので、5000円から6000円のプランに変更してもらいました。 その後で、機種変をしない既存のユーザーは9月29日から6000円の20GBギガモンスターに変更できるという事が分かりました。 その日の内に再変更してもらって、10月21日からは20GBのギガモンスターです。

2年前の機種変の時に、NTT西日本のお姉さんがソフトバンクモバイルのデスクに出張してフレッツ光の説明を一所懸命してくれました。 ホロリと来てBBIQからYahoo BB!光 with フレッツに乗り換えたついでに、バリューパックに申し込みました。

BBユニットに加えて地デジチューナーとタブレットが届きました。ASUSのMemo Padは今も使っていますが、地デジチューナーは使っていません。  階下に中継器を置いていますが、2階ではWi-Fiが以前のようにつながらなくなりました。 Wi-Fiを使ってまでテレビを観ようとは思わなくなりました。 NHKのニュースならば、らじるらじるで間に合っています。

2年でタブレットの代金は払いきってしまうので、地デジチューナーRとWi-Fiマルチパックのオプションは外す事にしました。 手数料を3000円取られますが、外さなければ6ヶ月分の料金です。 外した方が良いと判断しました。

今日は地デジチューナーRを返送しました。

箱を開けてみましたが、何か足りません。

セットアップガイドを参照したら、LANケーブルが抜けていました。 BBユニットと繋ぐためのケーブルです。

BBユニットの箱の中に間違えて入れていたLANケーブルを出して、地デジチューナーRの箱に戻してから梱包しました。

ゆうぱっくで発送するので、駅までバスで出かけました。

昨夜はお天気が荒れましたが、今朝は墨絵のような空に白いお日様が顔を出していました。 輪郭はぼやけています。

嬉しいことに、駅前では青空が見えました。

中央郵便局のゆうゆう窓口からゆうパックでSoftBankモデム係宛に発送。 60サイズで福岡から千葉まで、持ち込みで1050円です。 旗日を外して火曜日の午前中に届けてもらうように頼みました。

ヤフオクでは1000円で出品されている地デジチューナーRですが、ソフトバンクから送ってもらった「返却先住所のご案内」を見ると、返却しなければ8000円取られます。

何はともあれ戸棚から一箱減って多少なりともスペースが空きました。

今年も残り3ヶ月を切りました。 いきなり年末大掃除は出来ませんから、少しずつ片づけます。

リンク切れも少しずつ片づけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です