令和3年10月4日

思わず溜息の月曜日です。

この世はホログラム。

目に映る夕空とiPhoneが写す夕空は別物。

私の目では、しっかり撒いてます。

生身の人間だとしたら、あんな角度で飛ぶのは大変だろうな。

頭上を過ぎる時に、点滅するランプが見えました。

ドローンだと思いました。

使われているのは中東だけじゃなかった。

魂の抜けた人工生命体でなければ、できない技でしょう。

同じ人間ならば、撒いてる方も撒かれる方も哀れです。

生きてるうちに書いておきます。

まだ自分は人間だと思っているうちに。

今日は殺生しました。

私は3食摂ったのに、蛙を丸呑みしたマムシには熱湯をかけたのです。

食べる方も、食べられる方も、生き物である事には変わりありません。

食べなければ、生きてゆけない。

カエルもマムシも人間も同じです。

ただ、我が家のヌシと思しきマムシには、これ以上成長してほしくなかったのです。

前回に見た時よりも、大きくなっていました。

今回は見逃すわけにはいきませんでした。

気候が良くなったので、母が庭仕事をする様になりましたが、11月まではマムシが出ます。

今日は母に何度も湯を沸かしてもらいました。

マムシと言えども、天晴れな最後でした。

最後に、白鶴のまるをかけました。

「魂は龍になって飛んだかな。」

祈らなければ、生きてゆけません。

白と黒のロゴを貼ります。

Oisix(おいしっくす)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。