令和3年8月18日

昨夜も酷い雨でした。

今日はリサイクルの日でしたが、7時ごろは雨が止んでいたので助かりました。

土手には昨日脱皮したばかりに蟷螂がいました。

脱皮直後の昨日の朝よりは元気そうに見えました。

このセミくんはこれから脱皮です。

殻を脱ぎ捨てるのは、一大事ですね。

このところの豪雨で、裏山がいつ崩れるかと戦々恐々の毎日です。 

避難所で寝泊まりするにしても、寝具と食料持参。なおかつコロナ対策をしなければなりません。 83歳の母は、すぐに参ってしまうでしょう。

そんな訳で、兵糧を決め込んでいます。 冷蔵庫や冷凍庫には、母の大好きな焼き芋が入っています。 私の旧友からの差し入れです。 島原素麺も彼女から。 

就寝前にポット2個分のお湯を沸かして、冷蔵庫のクリンスイのポットをいっぱいにして、Oisixの定期便で届けてもらった山形の一目惚れで、おにぎりを作っています。 

持つべきものは、心優しい友人と、Oisixの定期便。

お籠りと言うのは、籠城を意味します。

援軍の支援を待つ間の戦い方ですね。

感謝の日々です。

Oisix(おいしっくす)のおためしセットが大人気なわけも、理解できます。

脱皮する前も、脱皮した後も、命懸けですね。

以上、虫達からの学びでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。