令和2年のニューノーマル

諦めの悪い性格ですが、いくら頑張ってみたところで、変えられないものは変えられません。

昭和な私にとっては十分すぎるほど変な空です。

見るに堪えないので、今年も二階のベランダに緑のカーテンを作ろうとしています。

令和2年はサカタノタネの胡瓜の夏バテ知らずです。 夕陽を隠せば気が済むので、西側に一本だけ。 

今年は令和2年7月豪雨がありました。

降っていない時も真っ白い空が続いたので、日照時間が極端に少なくて、例年のように夏野菜が育ちませんでした。 

胡瓜の夏バテ知らずも最初の1本を収穫した後は成長がストップ。 実も葉っぱもどんどん枯れて、収穫とは程遠い状況でした。

親蔓を摘芯して暫くしてから、ようやく3本の実だけが枯れずに残っている状態になりました。 緑のカーテンとは程遠く、ご覧の通り親蔓しか伸びていません。 

庭先のプランターで育てていた大玉トマトもミニトマトも枯れてしまいました。 6月中に撤去してしましが、こんな事は初めてです。 梅雨明けと同時にため息が出てしまった令和2年です。 

この夏もDHCのオリーブバージンオイル2本セットを買いました。 使い始めてまだ3年ほどですが、40周年記念のセットをもらって初めてロングセラーだという事を知りました。

昭和な私は溜め込む性格なので、限りなく空瓶に近くなっても捨てきれません。

最後の一滴まで使おうとする私をスヌーピーのボトルキャップが笑っています。

昨今は年賀状もスヌーピーですから、まあ、「笑う門には福来る。」という事にして、自分と折り合いをつけています。

ボヤいても仕方ないので、DHCの缶ビールも買って1人飲みをしています。

実のところ、令和2年7月豪雨で、この竹藪の向こう側は地滑りを起こしています。 

雨が降るたびに、剥き出しの赤土部分が広がってゆくので心穏やかではありません。

今のところは避難生活は考えていませんが、北部九州もようやく昨日梅雨明けしたので、一息ついた金曜日です。 例年より11日遅れの梅雨明けでした。 

ここまで生き延びたことはお祝いですが、新型コロナの市中感染も広がっていますから、自室で1人飲みです。

令和2年のニューノーマル。

最初はブルーベリーのサプリなどかっていましたが、今年は眼精疲労に効くイチロクジュニー
を買って服用しています。 

相変わらず首と肩はガチガチなので、オリーブオイルを使ったマッサージも欠かせません。 

気分を和らげたいときは、缶ビールも買うようになりました。

欲しいのは、柔軟性!

何がWith Coronaで、何がAfter Coronaのニューノーマルかは分かりませんが、相変わらずDHC様様です。

今年の夏は光回線をBBIQに乗り換えます。

8月1日から11日間インターネットが使えなくなるので、今日の内に投稿します。

スピ系の人達が8月8日に獅子門が大きく開くと言っています。

何が起こっているのかは、想像もつきません。

当分は無理をせずに、我が家でご自愛モードです。

我が家で平和を祈ります。

皆様もどうぞご自愛ください。

合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です